未分類」カテゴリーアーカイブ

カラコンは黒髪でも似合います!

黒髪だとカラコンが似合わないと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。
しかし、選び方のちょっとしたコツみたいなものがあるので、それについて書きます。

まず黒髪のカラコン選びの基本は「どの色を選ぶ場合にも暗めのものを選ぶ」ということです。
黒髪でも肌が色白の人は明るめのカラコンが似合うこともありますが、基本的には黒髪の人は明るめのカラコンを選ばない方が無難です。

では具体的にどんな色のカラコンを選ぶかについてですが、これは自分がカラコンでどんなイメージに変身したいかということを重視して選びます。

まずはブラウンですが、柔らかく優しいイメージになりたければブラウンを選んでください。
最初に書いた通り、明るめのライトブラウンではなく、暗めのダークブラウンを選んだ方がいいです。
カラコン初心者の人でカラコン選びに迷っている人も、とりあえずダークブラウン系のカラコンを選んでおくと失敗しにくいはずです。

つぎにグレーカラコンです。
グレーは黒髪との相性抜群で、大人っぽくてかっこいいイメージになれます。
やっぱりこれもダークグレー系を選んでください。

ブラック(黒コン)は意外と合わせるのが難しいです。
なぜならブラックカラコンは宇宙人みたいに見えやすいからです。
黒髪にブラックカラコンを合わせる場合には、お人形さんのようなドーリーファッションが相性がいいと思います。

次にハーフ系カラコンについてです。
黒髪でもハーフ系カラコンはちゃんと似合うので心配無用です。
選び方のコツは3トーンのグラデーションになったカラコンを選ぶということです。
こういうカラコンを選ぶと、カラコンを装着したときに瞳にひまわりの花が咲いたように見えて、このひまわり模様がハーフ目みたいな印象を強めてくれます。

だいたいこんな感じで選べば大丈夫です。
さらに詳しく知りたい人は下記のサイトを参考にしてください。
黒髪 カラコン

出来てしまった顔のシミに使う化粧品

顔のシミに使う化粧品というとファンデーションなども該当しますが、シミを薄くするために使う化粧品というのもあります。
その一つに「ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9」という商品があります。

ビーグレンの商品はたしか通販でしか買えなかったと思うので、あまり知らない人もいるでしょうが、ネット上では結構知名度のある商品ではないでしょうか。
ビーグレンのシミ用化粧品は種類が多いのでちょっとややこしいのですが、この「ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9」はハイドロキノンという成分が配合された化粧品で、出来てしまったシミを薄くする目的で使います。

ハイドロキノンはお肌への影響が強い成分ということもあり、この商品は紫外線の弱い夜にのみ使用するようにしてください。
シミ部分にピンポイントで使うのではなく、パール1〜2粒程度を顔全体に薄く伸ばして使います。

一番気になるのは実際にシミが薄くなるのかという部分だと思いますが、こればっかりは実際に使ってみるしかないと思います。
ネットのレビューとかもそれほど参考にはならないと思いますし・・・

現時点では6000円以下で買えるのでそれほど高価な商品ではなく、試しやすいと思いますが、ビーグレンの「ホワイトケア トライアルセット」という商品セットの中にも「ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9」が入っていて現時点で2000円以下で試すことができます。
「ホワイトケア トライアルセット」の中には他にも「クレイウォッシュ」、「QuSomeローション」、「Cセラム」、「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」の4種類が入っていて計5種類セットの化粧品を少量ずつお試し価格で購入できます。

関連サイト:できてしまった顔のシミに「ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9」

日本製のカラコンにワンデー使い捨てタイプはあるのか

カラコンは海外製のものがほとんどですが、安全性の高い日本製のカラコンというのもあります。
しかし、今のところ日本製のカラコンには1ヶ月交換のものしかなく、ワンデー使い捨ての日本製カラコンというのはありません。
なので、どうしてもワンデータイプがいいという人は海外製カラコンを買うしかありません。

日本製のカラコンにこだわりがある人の中には海外製のカラコンは全部が危険と思っている人がいるかもしれませんが、海外製のカラコンにも主に2種類あります。
日本の厚生労働省から高度管理医療機器の承認を受けたカラコンとそうではないカラコンです。
承認を受けたカラコンであればたとえ海外製であっても、安全性についてそんなに心配することはありません。

何年か前まで日本ではカラコンは雑貨扱いだったのですが、今は医療機器という扱いになっていて行政がカラコンの安全性について審査をしています。
街のカラコン屋では審査に合格した海外製カラコンしか販売できないそうなのですが、通販だと承認されていないカラコンも普通に売られています。

この場合たいていの場合には「個人輸入代行」という方法で販売しています。
これは日本にあるカラコンショップが日本のお客さんにカラコンを送るのではなく、韓国などから日本のお客さんにカラコンを送るという方式です。
こういうショップでカラコンを買うと荷物は韓国から直接送られてきます。
こういうショップでカラコンを買うこと自体は悪いことではありません。
しかし、既に書いたようにこういうショップのカラコンは日本の行政の審査を受けていないので、安全性に問題がある粗悪なものが混ざっている可能性があります。

ワンデーカラコンを通販で買うときには国内承認済みのカラコンを扱う通販ショップで買うことをおすすめします。
昔は日本の通販サイトより韓国から買った方が種類が多いとかそういう利点もあったのかもしれませんが、今は日本国内承認カラコンだけでもものすごく豊富に種類があるので、わざわざ個人輸入代行で韓国のカラコンを買う意味はないと思います。

国内承認済みのワンデーカラコンを扱う通販ショップには

  • モアコンタクト
  • 007速配コンタクト
  • フォーリンアイズ(1か月タイプは日本製もあります)

があるので、こういった通販サイトで買うことをおすすめします。

関連サイト:カラコン日本製 ワンデー

宮本百合子

 有島さんは非常に人を観るの直覚力が鋭くあったようですが、従ってその死に対しても可なり深い理智の力によってそれを見通されたことではあろうが、人間の力は単に、人間の脳力によって肯定され否定され得る理智の力、即ち首から上の事だけで解決の出来ない、大きな力に支配される事があると思います。有島さんの今度の処置も或は其力の前に自然であったのではなかろうかと考えます。
 この死によって私は、殊に近来夫婦関係というような事に就いていろいろの事を考えて来ましたが、私共の機械的な日常生活の中に、こんな深遠な境地が係らわっていることか、と深く深く胸を撲たれました。そうして有島さんの最近の作物「二つの心」などを拝見しまして、あの中にある弱い男の殉情的な気持などを観ると、よくその中から今度のことが思い合わされるように思われます。

 七月八日、朝刊によって、有島武郎氏が婦人公論の波多野秋子夫人と情死されたことを知った。実に心を打たれ、その夜は殆ど眠れなかった。
 翌朝、下六番町の邸に告別式に列し、焼香も終って、じっと白花につつまれた故人の写真を見たら、思わず涙にむせび、声を押えることが出来なかった。彼の温容が心を打ったこと、並、人生の切なさ、恐ろしさ、平凡の底に湛えた切迫さ、真剣さを、一時に感じ、涙となったと云ってよい。
 翌十日、自分は、動乱した心持のやや鎮まりを感じ、気分を更える為に髪を洗った。
 今日(十一日)は風の強い、始めて蝉の声のする夏らしい日だ。
 朝から仕事にかかる心組みで、食後机に向った。一回分の半以上迄無事に進んだが、そのうち又、心についてはなれない感動の余波で注意が、仕事から逸し勝ちになる。自分は総てこの一事によって経験した自分の心持ちを書いたら、幾分頭はしずまり、仕事につけるだろうと思いついて、此の筆を執ったのだ。

 有島武郎の作品の中でも最も長い「或る女」は既に知られている通り、始めは一九一一年、作者が三十四歳で札幌の独立教会から脱退し、従来の交遊関係からさまざまの眼をもって生活を批判された年に執筆されている。
「或る女のグリンプス」という題で『白樺』に二年にわたって発表されたらしい。私共がそれを読んだのはそれから足かけ七年後、作者が題を「或る女」と変えて著作集の一部として発表した頃であった。一九一七年、一九年に出たから作者は既に四十二歳になっていた訳であろう。
 今度読み直して見て、私は作者がどうしてこれほどの執着をもって、この題材にあたったのであろうかという好奇心を感じた。何故なら、率直に言ってこれは菊判六百頁に近い程長く書かせる種類の題材でなく感じられたし、長篇小説として見ればどちらかと言えば成功し難い作品であるから。しかも、作者は一種の熱中をもって主人公葉子の感情のあらゆる波を追究しようとしていて、時には表現の氾濫が感じられさえする。
 葉子というこの作の主人公が、信子とよばれたある実在の婦人の生涯のある時期の印象から生れているということはしばしば話されている。